外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【モスクワ共同】ロシア南部カバルジノ・バルカル共和国で21日未明、武装集団がバクサン水力発電所を襲撃し警備員2人を殺害、当直職員2人を負傷させた上、4回の爆発を起こして施設に損害を与えた。当局はテロとして捜査している。インタファクス通信などが伝えた。発電所襲撃に先立ち、近くの警察署も攻撃されたが死傷者はなかった。テロを受け、ロシア当局は南部を中心に重要施設の警備を強化した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信