外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米国務省高官は15日、ロシアのプーチン大統領の訪日計画について「日本に指図をするつもりはない」とした上で、現時点では国際社会の圧力で「ロシアが孤立感を味わうことが重要」と強調。さらに「先進7カ国は一致して強いメッセージを送る責任がある」として、安倍政権に慎重な対応を求めた。共同通信とのインタビューで語った。

共同通信