外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【モスクワ、ワシントン共同】ロシア通信によると、プーチン・ロシア大統領は1日、米国が引き渡しを求めている米中央情報局(CIA)の元職員エドワード・スノーデン容疑者について、反米活動をしないという条件付きでロシアへの事実上の亡命を容認する可能性を明らかにした。モスクワでの記者会見で質問に答えた。元職員の南米亡命が米国の強い圧力で難航していることから長期化を避けるためとみられる。

共同通信