ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

ロ大統領、領土問題解決に意欲

 【モスクワ共同】森喜朗元首相は21日、安倍晋三首相の特使としてロシアのプーチン大統領とモスクワのクレムリンで会談した。プーチン氏は日ロ関係をめぐり「平和条約がないのは異常な事態だ」と述べ、懸案の北方領土問題の解決に意欲を表明。4月下旬からの大型連休中を軸に調整している安倍首相訪ロへの期待感を示した。プーチン氏は昨年3月に言及の「引き分け」を「勝ち負けのない解決。双方が受け入れ可能な解決策」と説明。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。