外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ボストン共同】ボストン連続爆破テロの2容疑者のうち死亡した兄のタメルラン・ツァルナエフ容疑者(26)について、ロシア当局が2011年にチェチェン系の過激派組織との関連性について米国に事情聴取を依頼していたことが20日、分かった。ワシントン・ポスト紙が報じた。弟でマサチューセッツ大生のジョハル・ツァルナエフ容疑者(19)が19日逮捕され、捜査の焦点は動機や背後関係に移った。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信