外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【モスクワ共同】ロシアの首都モスクワ郊外のブヌコボ国際空港で18日、ロシア南部スタブロポリから到着した同国のUTエアー社のボーイング737型機が着陸直後に後部車輪付近から出火、乗客約130人が一時主翼の上などに避難する騒ぎがあった。けが人などはなかった。ロシア主要メディアが伝えた。出火したのは車輪を支える飛行機の脚部の支柱付近とみられ、捜査当局が出火原因を調べている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信