外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ウラジオストク共同】北海道稚内市のサンマ棒受け網漁船「第8朝洋丸」(199トン)がロシア側の臨検を受け、北方領土・国後島に留め置かれている問題で、ロシア極東サハリン州の国境警備当局者は23日、朝洋丸がサンマ漁の際に混獲したサバが漁獲枠を超過している上、漁獲の許可がないイワシの混獲も見つかったことが理由だと明らかにした。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信