外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【モスクワ共同】ロシアのプーチン首相が2008年8月、極東の森で自ら麻酔銃を撃ち眠らせたとされる「野生のトラ」に替え玉疑惑が浮上した。トラに詳しい環境活動家ドミトリー・モロツォフ氏は、顔のしまの形状から「99・9%」、ハバロフスク動物園で飼われていたアムールトラだとしている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信