外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソチ共同】ロシアのプーチン首相は6日、12年の次期大統領選に首相自身とメドベージェフ大統領のどちらが立候補した場合でも「憲法には違反せず、民主的手続きが損なわれることはない」と述べ、憲法の連続3選禁止規定に従って大統領を退任した首相の大統領職復帰には、民主主義の観点からまったく問題がないとの見方を示した。南部の保養地ソチで行われた内外有識者らとの会合で語った。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

共同通信