外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】ロシアのノバク・エネルギー相とサウジアラビアのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相は15日に北京で会談し、原油相場の底上げに向け実施している協調減産を来年3月末まで9カ月間延長することで合意した。共同声明で発表した。石油輸出国機構(OPEC)の盟主サウジとOPEC非加盟国の代表格ロシアによる今回の合意で、主要産油国が減産延長で足並みをそろえる可能性が高まった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信