外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ブリュッセル共同】ロシアのメドベージェフ大統領は15日、債務危機に揺れるユーロ圏諸国に対し、ロシアが国際通貨基金(IMF)経由などで金融支援を実施する用意があると表明した。支援規模は、最大で200億ドル(約1兆6千億円)を検討しているもようだ。ブリュッセルで開かれた欧州連合とロシアの首脳会議後の記者会見で、大統領は「ロシアは最大の貿易相手であるEUと、単一通貨ユーロの安定を望んでいる」と強調。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信