外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ジャカルタ30日共同】インドネシアのメディアによると、同国のアブドゥルラフマン・ワヒド元大統領が30日、ジャカルタの病院で死去した。69歳。長期間、糖尿病などを患い、25日から入院治療を受けていた。99年10月から01年7月まで大統領を務めた。98年に国民覚せい党を設立し、99年6月の総選挙で第4党に。大統領としては政敵のメガワティ氏らと対立、国民協議会で大統領を解任された。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信