外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ベルリン共同】共産党政権時代のポーランドの秘密警察が、当時自主管理労組「連帯」を率いていたワレサ元大統領(68)の書簡を偽造、ワレサ氏を共産党の内通者だと思わせる工作をしていたことが分かった。民主化指導者としてのイメージに傷をつけ、ノーベル平和賞授与を阻止する目的だった。AP通信などが22日伝えた。しかし選考には影響せず、ワレサ氏は1983年に平和賞を受賞した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信