外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 一川防衛相は5日午前の衆院予算委員会集中審議で、自らの進退について「信頼回復は大変だと思うが私なりに一生懸命、職責を全うしたい」と述べ、辞任の考えがないことを強調した。野田首相も「これまで以上に襟を正して職責を果たしてほしい」と強調、更迭を否定した。だが、自民党は一川氏の問題点を指摘し辞任を要求。国民新党幹事長は防衛相問責決議案が提出されれば反対は困難と述べ、与党内では辞任論が一層拡大した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信