ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

万里の長城遭難事故で社長謝罪

 【北京共同】中国河北省の万里の長城付近で遭難し日本人ツアー客3人が死亡した事故で、ツアーを企画した旅行会社アミューズトラベル(東京)の板井克己社長(42)が8日、北京市内のホテルで記者会見し「ツアー客に大変な思いをさせてしまい、誠に申し訳ない」と謝罪した。同社は会見で、悪天候時に使用する簡易型テントも持参していたが「途中でなくなってしまった」と明らかにした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。