外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 大相撲の横綱北の湖や大関北天佑らを生んだ三保ケ関部屋が秋場所限りで消滅することが13日、分かった。三保ケ関親方=元大関2代目増位山、本名沢田昇、兵庫県出身=が11月の九州場所中に65歳の定年を迎え、継承者がいないことから幕を閉じる。幕内阿覧ら力士8人を含め行司、呼び出しら計14人の移籍先は出羽海一門内で調整する。三保ケ関部屋は元大関初代増位山が1950年に再興させ、現師匠が父から継承した。

共同通信