外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 海上保安庁は18日、震度5強の地震が17日にあった伊豆諸島・三宅島近海で海面変色があったとして航行警報を発表、周辺の船舶に警戒を呼び掛けた。気象庁が変色の状況や原因を調査している。海面変色を確認したのは警視庁航空隊のヘリ。警視庁によると18日朝、三宅島の東側約7キロの海域で、海面が長さ約100メートルにわたりエメラルドグリーンに変わっていた。その後、海保の航空機も現場に向かったが確認できなかった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信