外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 三菱自動車は23日、リチウムイオン電池の不具合が指摘されているプラグインハイブリッド車(PHV)「アウトランダーPHEV」で、新たにモーターの制御プログラムにミスが見つかったとして、3839台(今年1月~3月生産)のリコールを国交省に届けた。神奈川県の販売会社で3月、電池が異常過熱し溶けたような痕跡が見つかったほか、東京、岐阜でも電池が原因とみられるトラブルが各1件報告されたことが判明している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信