外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 三菱自動車の燃費不正問題で、同社がデータを改ざんしていた軽自動車4車種の排ガス濃度を国が独自に調べた結果、安全基準を満たしていたことが21日、関係者への取材で分かった。国土交通省は不正発覚後、4車種の生産・販売に必要な国の認証「型式指定」の取り消しを検討していたが見送り、生産・販売再開を審査の上で容認する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信