外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 三菱自動車は21日、燃費データを改ざんした軽自動車4車種に関し、燃費の修正値を国土交通省に届け、受理された。カタログ値よりも7・1~17・1%悪かった。燃費の悪化に伴い、エコカー減税制度の減税額が縮小するため、三菱自動車は差額の80億~90億円を国や自治体に支払う方針。不正発覚後に停止している軽自動車の生産と販売の再開は7月上旬を目指す。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信