燃費試験の不正が発覚した三菱自動車は、主力工場の水島製作所(岡山県倉敷市)で、軽自動車の生産停止が長期化する恐れが出てきた。不正の全容解明には時間がかかるためで、地元の雇用にも影響が広がりそうだ。ブランドイメージの低下による販売減も予想され、業績の悪化は避けられない見込みだ。

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。