外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 三菱自動車の相川哲郎社長は18日、燃費データ不正問題の経営責任を取り6月24日付で辞任する意向を表明した。同社が18日に国土交通省に提出した調査報告によると、軽自動車4車種以外に新たにスポーツタイプ多目的車(SUV)の「パジェロ」など4車種でデータを机上計算していたことが判明した。焦点だった経営陣の関与に関しては「直接の指示はなかった」と結論付けた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信