外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 三菱自動車は24日、プラグインハイブリッド車(PHV)「アウトランダーPHEV」のリチウムイオン電池が溶けた事故について、電池生産ラインの作業員が検査中に電池を誤って床に落とし、変形させたことが原因だったとの調査結果を発表した。検査方法を変更する再発防止策を5月の大型連休明けまでにまとめ、速やかに国土交通省にリコールを届け出る方針という。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信