外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 三菱自動車は17日、顧客へのおわびやガソリン代の差額分として、燃費データを改ざんした軽自動車4車種、計62万5千台を対象に、1台当たり一律10万円を支払うと発表した。同様の改ざんが判明した軽自動車以外の普通車5車種計10万台にも一律3万円支払う。補償費用の総額は約650億円に上る見通しだ。また三菱自動車は、過去10年間に販売し、既に終了した20モデル全てで燃費データの改ざんや机上計算などの不正が見つかったと国土交通省に報告した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信