外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 防衛関連の企業・業界団体がサイバー攻撃を受けた問題で、三菱電機が情報漏えいを引き起こす恐れのあるメールをパソコンに受信し、社内の一部端末がウイルス感染していたことが28日分かった。重要な情報の流出は確認されていない。防衛関連企業の感染が明らかになったのは、三菱重工業に続き2社目で、電機メーカーでは初めて。類似のメールは政府などにも送られており、サイバー攻撃の被害が広がっていることが鮮明になった。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信