外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東日本大震災で被災した岩手県沿岸部の第三セクター、三陸鉄道(宮古市)は22日、2015年3月期の純損益が2年ぶりに黒字になる見通しを明らかにした。予想される黒字額は数千万円。今年4月に全線復旧を果たしたことで観光客の利用が伸び、乗客数が前期の1・5倍の約75万4千人に上ると見込んだため。

共同通信