外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 広島原爆投下の20~30分後に、爆心地の東約10キロにある現在の広島県海田町から撮影され、上下二つに分かれたきのこ雲の写真が、広島市中区の本川小学校に保存されていたことが7日、分かった。調査した原爆資料館の担当者は「雲が分離していたことは旧海軍の調査などで分かっていたが、これを裏付ける写真となっており、貴重だ」と話している。資料館によると、写真の存在は知られていたが複写はなく、資料館が探していた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信