外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 全国の警察が危険ドラッグに絡み、今年上半期に摘発した事件は昨年同期(127件)の約5倍の633件で、上半期ベースで統計が残る2012年以降最多だったことが3日、警察庁のまとめ(暫定値)で分かった。7割以上は昨年末までに捜査を始めており、今年1月以降に認知したケースは26・7%の169件にとどまった。警察庁の担当者は「取り締まり強化の結果、新たな認知のペースが落ちてきている」と分析している。

共同通信