【パリ共同】パリ近郊の美術館が所蔵する上半身裸の女性の肖像画が、巨匠レオナルド・ダビンチの世界的な名作として知られる油彩画「モナリザ」の習作としてダビンチ本人が描いた可能性があることが分かった。フランス国立ルーブル美術館の専門家らが鑑定を進めている。ロイター通信などが29日伝えた。

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。