ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

上村会長が国際柔道連盟に謝罪

 【パリ共同】全日本柔道連盟(全柔連)の上村春樹会長は8日、国際柔道連盟(IJF)のマリアス・ビゼール会長に対し、女子日本代表の園田隆二前監督らによる暴力とパワーハラスメントの問題について説明、謝罪したことを明らかにした。パリ市内で報道陣の取材に応じ「世界の柔道関係者にご迷惑をかけたと謝罪した」と話した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。