外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 全日本柔道連盟(全柔連)の上村春樹会長は30日、東京都文京区の講道館で開かれた臨時理事会で、続発した不祥事の責任を取って副会長ら執行部とともに8月中に辞任すると表明した。その後の臨時評議員会で、上村会長ら23理事の解任動議は否決された。1月下旬に女子日本代表での暴力指導問題が発覚した後も、助成金不正受給問題などが起こった。7月23日に内閣府から8月を期限とする事実上の辞任勧告を受けた。

共同通信