外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 暴力指導問題などで揺れる全日本柔道連盟(全柔連)の佐藤宣践副会長は17日、東京都文京区の講道館で18日に開く理事会で、不祥事を招いた責任を問い、上村春樹会長に辞任を求める考えを明らかにした。理事会では問題を検証した第三者委員会の報告書について協議する。全柔連は暴力問題に加え、日本スポーツ振興センターから指導者への助成金を一部、強化委員会が徴収していた問題も発覚した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信