外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 ラグビーの元日本代表で、母校の慶応大監督として大学日本一に2度導いた上田昭夫(うえだ・あきお)氏が23日午前7時39分、代謝性疾患のアミロイドーシスのため、自宅で死去した。62歳。東京都出身。葬儀ミサ・告別式は27日午後1時から東京都文京区関口3の16の15、カトリック東京カテドラル関口教会内聖マリア大聖堂で。喪主は妻順子(じゅんこ)さん。

共同通信