外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ルクソール共同】エジプト南部ルクソールの気球墜落事故で、地元県のサード知事は27日、飛行中に気球の燃料ホースが破損してガスが漏れ、引火したことが爆発・炎上の原因との目撃証言があることを明らかにした。着陸時に気球を引き下ろすためゴンドラから垂れ下がっているロープが、何らかの原因で上方に巻き上がり燃料ホースを直撃したという。付近住民が目撃していた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信