ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

上関原発予定地の入会権認めず

 中国電力上関原発計画をめぐり、反対派住民の男性が炉心予定地を含む山林の入会権確認を求めた訴訟の差し戻し審判決で、山口地裁は26日、請求を棄却した。原告側は控訴するとみられる。男性が入会権を求めたのは、地元神社が所有していた山林10万平方メートル。神社が23年に当時の住民から購入し、04年10月、中国電に1億5千万円で売却した。男性側は「登記名義は神社だが、実際は地元住民が購入」と主張していた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。