外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米上院軍事委員会は17日までに、在沖縄海兵隊のグアム移転関連費約1億5千万ドル(約115億円)を認めない2012年会計年度(11年10月~12年9月)国防権限法案を可決、米ホワイトハウスの行政管理予算局は同日、日米同盟への悪影響を懸念する声明を発表した。声明は同法案について「同盟国日本とともに国防政策を実行するオバマ大統領の権限を不必要に制限するものだ」と批判した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信