外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】韓国のソウル中央地裁は30日、太平洋戦争末期に朝鮮女子勤労挺身隊として朝鮮半島から動員され、機械メーカー「不二越」(富山市)の工場で働かされた元労働者の韓国人女性13人と亡くなった元労働者4人の遺族が同社を訴えた訴訟で、同社に1人当たり8千万~1億ウォン(約828万~1035万円)の損害賠償の支払いを命じる判決を言い渡した。

共同通信