外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 兵庫県尼崎市の連続変死事件で、行方不明者や死亡者ら10人の名前や生年月日が書かれた捜査資料が2012年5~9月の間、インターネット上に流出していたことが7日、分かった。悪用などの被害は確認されていない。資料は兵庫県警が全国の医師会を通じて不明者らの受診歴を照会したもの。山口県長門市医師会が会員限定でHPに掲載したが、不特定多数が利用できる検索サイトを通じて自由に閲覧できる状態になっていた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信