ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

不漁のニホンウナギは絶滅危惧種

 環境省は1日、絶滅の恐れがある野生生物を分類した「レッドリスト」のうち汽水・淡水魚類の改訂版を公表し、不漁が続くニホンウナギを「絶滅危惧種」に指定した。レッドリストに法的拘束力はなく、漁獲や取引は規制されないが、指定によって資源保護の機運が高まるとみられる。かつて「絶滅」指定していたクニマスについては、山梨県の西湖で生息が確認されたのを受け、「野生絶滅」に見直した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。