外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 2014年度に病気や経済的理由以外で年間30日以上欠席した「不登校」の小中学生は、前年度より3285人増の12万2902人で、2年連続で増加したことが6日、文部科学省の学校基本調査(速報値)で分かった。小学生は1691人増の2万5866人で、全児童に占める割合は0・39%(255人に1人)と過去最高となった。

共同通信