外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東日本大震災の津波で被災した宮城県東松島市立野蒜小の移転建て替え工事を巡り、不適切な入札で約2億8千万円の無駄な歳出が生じたとして、住民ら約500人が近く、落札業者から市への不要分の返還を求め、住民監査請求することが8日、分かった。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信