外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 与党内で17日、国会答弁を軽視するような発言をした柳田稔法相の進退論が浮上した。自民党は、野党が多数を占める参院で柳田氏に対する問責決議案を提出する方針を固め、民主党幹部は記者団に「政権が安全運転したいなら、法相を交代させた方がいい」と述べた。菅直人首相は辞任の必要はないとの認識を示したが、政権は新たな火種を抱えた形だ。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信