外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 衆院平和安全法制特別委員会が6日に那覇市で実施した安全保障関連法案の参考人質疑で、与党が推薦した沖縄県内の有識者2人は法案に賛成する一方で、共に慎重な審議を求めた。「国民の理解が深まっているとは言えない。誠実に対応してほしい」(中山義隆石垣市長)などと述べた。野党推薦の3人は「法案が成立すれば他国の紛争に巻き込まれ、米軍基地が集中する沖縄が『いの一番』に標的にされる可能性が高い」(稲嶺進名護市長)と反対した。

共同通信