外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 与野党の国対委員長は15日午前、安全保障関連法案をめぐり国会内で協議した。民主党の高木義明国対委員長ら野党側は「十分な審議が尽くされていない。採決を強行すべきではない」と徹底審議を求めた。これに対し自民党の佐藤勉国対委員長は「主戦場は参院なので見守るしかない」と明言を避け、採決強行に含みを持たせた。これに先立ち自民、公明両党と維新の党の幹部は、法案修正をめぐり協議。この後、維新幹部は決裂したことを記者団に明かした。

共同通信