外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 自民、公明両党は28日、企業の派遣労働者受け入れ期間の制限をなくす労働者派遣法改正案について、修正した上で来年の通常国会に出し直すよう政府に求める方針を固めた。受け入れ期間の延長理由を企業が労働組合に説明する時期を明示するなど、労組や野党への配慮をにじませる内容で、法案の骨格部分は維持する。政府は受け入れる見通しだ。

共同通信