外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 自民、公明両党幹部は9日のTBS番組で、機密を漏らした公務員らの罰則を強化する特定秘密保護法案について、野党から提案があれば修正協議に応じる方針を表明した。今国会成立に向け、柔軟な姿勢を示したとみられる。ただ、与党は法案の根幹に関わる修正を想定しておらず、協議が難航する可能性もある。野党側は法案に秘密指定の是非を検証する仕組みがないなどと批判した。

共同通信