外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 機密を漏らした公務員らに厳罰を科す特定秘密保護法案は26日午前の衆院国家安全保障特別委員会で自民、公明両党やみんなの党の賛成多数で可決された。自民党が質疑打ち切りと採決を求める緊急動議を提出し、採決を強行した。民主党、共産党、生活の党は反対し、早期採決を認めない日本維新の会は退席した。与党は同日の衆院本会議に緊急上程し、衆院通過させる方針で、今国会中に成立する見通しだ。日本維新は衆院本会議でも退席する方針。国民の「知る権利」侵害や秘密の範囲拡大への懸念は消えていない。

共同通信