外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 国会は18日、集団的自衛権の行使を解禁する安全保障関連法案の成立をめぐり与野党の攻防が最終局面を迎えた。与党は同日中に参院本会議で可決し成立を図る。廃案を主張する民主、維新、共産、社民、生活の野党5党は同日午後、内閣不信任決議案を衆院に共同提出。これに先立ち民主党は安倍首相に対する問責決議案を参院に提出したが、否決された。5党は国会内で党首会談を開き結束を確認。成立阻止を目指し抵抗を一段と強める構えだ。

共同通信