ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

世界の交通事故死124万人

 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)は14日、世界の交通事故による死者が2010年に124万人だったとの調査結果を発表した。前回調査した07年に比べ、日本を含めた88の加盟国で死亡事故が減少した一方、87カ国で増加した。交通事故死の五大要因とされる飲酒運転、速度超過、バイク運転時のヘルメット非着用、シートベルトやチャイルドシートの非着用―の全てを取り締まる法律があるのはわずか28カ国という。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。