外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】国連経済社会局は13日、2095~2100年には世界全体の平均寿命が81・8歳に達し、トップ3は韓国、香港、日本になるとの予測を発表した。05~10年の世界平均寿命は68・7歳。最も貧しい後発開発途上国の寿命は20年延びるが、エイズなど疾病が順調に克服できることが前提としている。今世紀末の平均寿命予測は日本が94・2歳、韓国が95・5歳、香港が94・9歳。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信